内分泌疾患とその分類について!

内分泌システムは私たちの体にとってとても重要なの一部として、人体の新陳代謝を維持しています。人体の主な内分泌腺は下丘の脳、下垂体、甲状腺、甲状側腺、副腎、ランゲルハンス島、性腺などがあります。内分泌システムはそれで、みんなは内分泌疾患について知っていますか?以下は内分泌疾患についての紹介です。

内分泌システムは内分泌腺及び臓器の中にいた内分泌組織と細胞が構成した体液の調節システムです。

一、内分泌疾患は内分泌の機能障害種類によって3組に分かれることができます

1、推進機能の異常

それはよく腺増殖とガンのホルモン分泌にかかわっています。例えば原発性アルドステロン、甲状腺機能亢進などの内分泌疾患です。

2、減退機能の異常

内分泌腺はたくさんの原因によって損になります。例え先天発育の異常、遺伝の問題、酵素の欠陥、炎症、腫瘤の圧迫、血不足、組織壊死、性別転換、繊維化あるいは自己免疫不足、薬物、手術と放射線療法など引き起こしたホルモン生成と分泌量が過少するの場合、脳下垂体前葉機能の減退、慢性の副腎皮質機能衰弱などの内分泌疾患になりやすいです。

3、機能は正常で、腺体組織構造は異常です

単純な甲状腺腫と甲状腺癌などのように、その機能は異常がなくて、ただ組織と構造上の病変があります。

二、内分泌組織によって2組に分かれることができます

1、胃腸すい臓の内分泌疾患

胃腸すい臓の内分泌疾患はすい臓高血糖のメラニンガン、胃内分泌ガン、血管活性の腸ガン(膵臓性コレラガン、同じく水性下痢、低カリウム、低酸症候群とも呼びます)、成長ホルモン抑制ガン、類ガンと類ガン症候群とインシュリン欠乏糖尿病などです。(糖尿病は1種類のありふれた内分泌代謝疾患で、たくさんの原因によってインシュリン分泌欠陥を引き起こした病気です。)

2、腎臓の内分泌疾患

代表的のは腎臓内分泌ガンとバーター症候群(腎臓のヘンレ係蹄の太い上行脚機能不全を主体とする続発性アルドステロン症の一つです)です。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。