内分泌代謝とは

とはいえ、ご飯やパンなどの炭でお腹たすといi生活$流にしてきた闩本人にとって、こうした現実又け入 れることは難しいでしょう。しかも和食は世界無となり、肉へない昔ながらの粗食は体にいいとされていますから、ま すます外ではありません。それでも避けては通れないかある。次べージからは糖がすさらに恐ろしいをご紹介したいと思います。
*使い切れない糖は体脂肪になるしか道はない。
糖を摂ることによって体脂は增えてメタボとなり、メタボとなった体には、さらに招かれざる够害が生まれることになります。 もっと近なところでいえば、糖尿病です。糖の摂り過ぎで体脂肪が増えると、インスリンというホルモンの機能が低下します。 インスリンとは血糖侦をコントロールできる唯1の存有糖を摄りきるとインスリンがに効かなくなり、血糖脱を下げることができなくなる。1にいえば、これが糖柄のメカニズムです。
インスリンが効かなくなれば、体は血德を正常にしよぅと働きますから、もっと多くのインスリンを分泌するようになる。こ うしたを尚インスリン血症といい、さらに多くのを引き起こす要因となるのです。
内分泌代謝とは
私達の体の中では、種々の作用を持つ物質がうまく調和して全身の臓器に作用し、人間の生命を維持し、生体の恒常性(正常な機能を維持する仕組み)や正常な代謝機能を保っています。これらの、正常な機能を保つのに必要な体の機構が内分泌代謝なのです。 内分泌代謝作用を示す物質をホルモンと呼びます。

バイアグラを服用したあとの反応(ちゃんと勃起するか)から、EDの根本原因を探って行きます。